見えない箇所のクセ取り

20_391_DSC1839[1] 24_391_DSC1855[1] Pitti_People_Enrico_Labriola_23757[1] Pitti-People_1878[1] 46_391_DSC2679[1]

身体にぴたりと合うスーツの美しい外観とフォルムを形成するためには、身体の丸みのポイントに合わせて生地に理想的な立体感を生み出す「クセ取り」と言われるアイロン処理が必要不可欠です。
このクセ取りによって、スーツの着心地は大きく変わってきます。目に見えない箇所に時間と手間をかけたスーツは、着心地のよさと着用時のフォルムの美しさが段違いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ